トップCO2排出量算定支援

CO2排出量算定支援

温室効果ガスの排出量は、直接測定するのではなく、経済統計などで用いられる「活動量」(例えば、ガソリン、電気、ガスなどの使用量)に、「排出係数」をかけて求めます。
算定によって出されたCO2排出量はいろいろな場面で使用できます。

  • 自身/自社のCO2排出量の把握
  • カーボン・オフセットのためのオフセット量の把握
  • CSR報告書への記載
  • カーボン・オフセット認証・カーボン・ニュートラル認証取得
  • CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)回答

また、カーボン・オフセット認証、カーボン・ニュートラル認証取得のための認証申請の支援や、CDP回答支援も行っております。
お気軽にご相談ください。

CDP回答支援サービス

CDPとは

カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)とは、機関投資家が連携し、企業に対して気候変動への戦略や具体的な温室効果ガスの排出量等の環境データに関する公表を求めるプロジェクトのことです。このプロジェクトは2000年に開始し、各国企業のうち、時価総額等を基準に選定された企業に対して、毎年質問表が送付されており、企業側からの回答率も年々高まってきています。

CDPの重要性と回答するべき理由

CDPは総額95兆ドルに達する822の機関投資家を代表して行われており、回答内容はそれらの機関投資家の投資判断に影響を及ぼします。また、回答は取組内容に応じてスコアリングされて投資家に対してだけでなく広く一般に公開されます。そのため、高スコアを取得することで回答企業は環境マネジメント姿勢を評価されることとなり、グローバル基準での企業価値向上へと繋がります。

弊社が提供できるサービス

CDPの気候変動質問書の回答作成について、回答案の作成やCO2排出量の算定、CO2排出量について第3者審査機関の検証の取得支援を行わせていただきます。

CDP回答対象企業様

これまで質問書にご回答されている場合

回答作成作業を支援・軽減いたします。
回答のスコアアップ対策を講じ、高スコア取得による企業価値向上を図ります。

これまで無回答とされていた場合

回答案の作成を支援いたします。
対象企業として回答されることで、環境マネジメント姿勢をグローバルに提示することができます。

CDP回答対象企業様

回答案の作成支援またはスコアアップ対策を講じます。積極的に情報開示することで、企業の環境方針やリスクマネジメント姿勢をPRすることができます。
また、今後は日本においても、ESG(Environmental(環境), Social(社会), Governance(企業統治))投資の観点から、機関投資家がCDPのスコアを参照して投資先を決定するようになることが想定されます。CDPへの回答により、ESGに配慮・対応した企業として、グローバルの機関投資家に対して提示することができます。
お問い合わせはこちらよりお待ちしております。

算定・各種制度支援

弊社では、さまざまな支援を行っております。

  • CO2排出量算定支援
  • カーボン・オフセット認証・カーボン・ニュートラル認証取得支援
  • CDP回答支援
  • 各種補助金申請代行

また、上記以外でもご相談承っております。